レボクインの通販【1錠94.2円~】

レボクインはクラミジアや淋病の治療薬であるクラビットのジェネリック医薬品です。
性感染症以外にも、尿路感染症や呼吸器感染症など、細菌による幅広い感染症に効果的。
常備薬として1箱持っておくと安心です。

レボクインは海外医薬品の通販サイト・お悩み宅急便で購入できます。

お悩み宅急便なら、レボクイン250mgの50錠入りが4,710円!
1錠94.2円でクラミジアをはじめとした細菌性の性感染症に効きます!
>>レボクインはココから注文!<<

レボクインの通販価格

レボクインの通販価格(お悩み宅急便)はこちらです。

250mg(1箱10錠入り) 500mg(1箱10錠入り)
1セット 1,040円
(1錠あたり104円)
1,440円
(1錠あたり144円)
3セット 2,970円
(1錠あたり99円)
4,120円
(1錠あたり137.3円)
5セット 4,710円
(1錠あたり94.2円)
6,510円
(1錠あたり130.2円)

新薬であるクラビットは500mgが355円で病院から処方されます。
1日1錠の服用であるため、病院から処方してもらうと1日の治療費は355円となります。

通販サイトからジェネリックであるレボクイン500mgを購入すると、1箱(10錠入り)で1,440円。
1錠あたり144円となるため、1日の治療費は144円となります。
レボクインで治療すれば、クラビットの半額以下のコストで治療できるのです。

レボクインってどんな薬?

性感染症から呼吸器感染症、皮膚感染症などさまざまな感染症に効果的
病院処方のクラビットとおなじ効果が得られる

レボクインはシプラ社から販売されているクラビットジェネリック。
今までの抗菌薬よりも強い殺菌作用のあるニューキノロン系の有効成分を持っています。

作用が強いため、短期間での治療が可能。
治療のほかにも、性病や不妊症の予防としても使用できるため、セックスの前にも服用できます。

レボクインの効果

【有効成分】レボフロキサシン
細菌の増殖を阻害する

レボフロキサシンは細菌による感染症により効き目をあらわします。
細菌はDNAを複製することで増殖し、腫れや痛み、発熱を引き起こします。
レボフロキサシンは細菌のDNAの複製を阻害することで殺菌し、感染症を治していくのです。

レボフロキサシンの臨床試験では、クラミジアに対して男性は84%、女性は94%の症状改善が認められています。

レボクインの服用方法

【服用方法】
250mg・・・1日2回、1回1錠
500mg・・・1日1錠

通常は500mgを1日1錠服用します。
24時間効果が持続するため、毎日おなじ時間に服用すると、一定した効果が得られます。
はじめて服用するという人は、250mgを1日2回服用しましょう。
250mgは効果が12時間持続するため、12時間ごとの服用がオススメ。
朝食後と夕食後に服用することで飲み忘れを防げます。

クラミジアや淋病といった性感染症の治療では、7日間の連続した服用が必須
症状が治まったからと飲むのをやめてしまうと、まだ体内に残っている細菌が増殖し、再度症状が出てきます。
治療するには完全な殺菌が必要なため、決められた服用期間は守りましょう。

レボクインの副作用・服用時の注意点

【レボクインで起こりやすい副作用】
胃痛、下痢、嘔吐など

レボクインは服用方法をきちんと守っていれば、副作用は出にくい治療薬です。
ごく稀に精神変調や意識障害を起こす可能性があるため、服用後は危険の伴う機械の操作(運転など)、高所での作業は控えてください。

【注意が必要な医薬品】
以下の医薬品と併用する時は、医師の指導のもと服用してください。
鎮痛薬(NSAID)、胃腸薬(アルミニウム、マグネシウム分を含む制酸剤)、鉄剤、ワルファリン(ワーファリン)、ステロイド薬、不整脈を起こしやすい薬剤など
【レボクインを飲んではいけない人】
以下にあてはまる人はレボクインを服用してはいけません。
妊娠中の人もしくは可能性のある人、小さな子ども

レボクインの口コミ・体験談

【タドコロさん(26歳)】
以前淋病になって病院から薬をもらった時、お金が結構かかってしまったので今回は通販で購入しました。
病院では5,000円くらい払った覚えがありますが、通販は2,500円くらいでした。
こんなに安く買えるなんてびっくり!
注意はするけどきっとまたなるんだろうなと思って追加で3箱買いました!
きっとこれで安心!
【セキさん(33歳)】
クラビットとおなじ効果が得られる薬が安く買えると聞いて買ってみました。
こんな値段でホントにおなじ効果が得られるの?と心配だったけど、実際に使ってみたら、こんなに効果があるのがこんな値段で買えていいの?に変わりました。笑
クラビットを使っている人は全員レボクインに変えるべき!って感じ!
【ナカガワさん(48歳)】
最近おりものの量が増えたのと、生理が終わったばっかりなのに血が出たのとで調べてみると性感染症の疑いが。
病院に行くのはちょっといやだったので、もしかしたら?と感染症の検査キットを購入して自分で検査をしてみました。
すると、クラミジアが陽性に。
検査キットを購入したサイトで調べると、レボクインがいいと知ったので購入しました。
定められていた服用期間の7日間、きちんと飲んでいたらおりものの量が減りました!
通販でちょっと疑っていたけど効果はばっちりでした。

レボクインを購入する前にコスパをチェック!

500mg1箱(10錠入り) 500mg1錠あたり
お悩み宅急便 1,440円 144円
あんしん通販 1,880円 188円
薬の通販オンライン 1,880円 188円
お薬なび 1,450円 145円
ベストケンコー 3,498円 349.8円
お薬ラボ
グー薬局 1,450円 145円
ココロ薬局 1,450円 145円
ライフパートナー 1,450円 145円

レボクインは1箱1,450円または1,880円で販売しているサイトがほとんど。

お悩み宅急便では、10錠入り1,440円の最安値で購入可能。
5箱まとめて購入すると総額6,510円、1箱あたり130.2円となります。

レボクインの通販で得られるメリット

・従来の治療薬とくらべて強い効果を持っている
・細菌による多くの感染症に効果テキメン!
・通販では処方せんなしで購入できるためストックできる

レボクインは性感染症をはじめ、細菌による感染症の治療が可能。
通販サイトではいつでも安く購入できます。
治療のために買うのはもちろん、もしもの時のためにストックとして購入しておくと安心ですよ!