アジーの通販【1錠628円~】

クラミジアや淋病の治療薬であるアジーは、処方薬として知られるジスロマックのジェネリック医薬品です。
ジスロマックと同等の効果に加え、リーズナブルな価格設定で大人気!
感染率が高いクラミジアや淋病に備え、あらかじめ購入しておくのもオススメです。

アジーは海外医薬品の通販サイト・お悩み宅急便で購入できます。

お悩み宅急便なら、アジー500mgの5錠入りが3,140円!
1錠あたり628円でクラミジア・淋病の治療を行えます。
>>アジーはココから注文!<<

アジーの通販価格

アジーの通販価格(お悩み宅急便)はこちらです。

500mg(1箱5錠入り) 1000mg(1箱6錠入り)
1セット 3,140円
(1錠あたり628円)
3,890円
(1錠あたり648円)
3セット 8,490円
(1錠あたり566円)
10,520円
(1錠あたり584円)

病院を受診した場合、先発薬であるジスロマックの価格は1週間分で3,000円ほど。
診察や検査も合わせると、1回の受診で10,000円以上かかることもあります。

アジーは500mg1箱(5錠入り)が3,140円とリーズナブル!
ジスロマックの効果はそのままでありながら、病院を利用するよりも出費を抑えられるのです。

アジーってどんな薬?

クラミジアや淋病などの細菌感染症に効果的!
処方薬として知られるジスロマックと同等の作用を持ちます

インドの製薬会社が開発したアジーは、ジスロマックと同じアジスロマイシンを主成分とします。
日本国内で販売されていないものの、アジアを中心とした国々では抗生物質として流通している医薬品です。

250mg・500mg・1000mgの3タイプがあり、性感染症の治療には500mgと1000mgが最適です。
また、歯周病や気管支炎などの治療にも適しています。

アジーの効果

【有効成分】アジスロマイシン
・細菌の成長を抑え、炎症などの症状を改善します

性感染症の治療に用いられる抗生物質は、主に「マクロライド系」「テトラサイクリン系」「ニューキノロン系」の3つです。

マクロライド系 テトラサイクリン系 ニューキノロン系
抗菌・抗炎症効果
副作用の少なさ
服用の手軽さ

アジスロマイシンはマクロライド系に分類されます。
高い抗菌・抗炎症作用を持っていて、なおかつ副作用が少ないという点が特徴的です。
先発薬であるジスロマックはクラミジアの第一選択薬として処方されています。

アジーの服用方法

【服用方法】
・500mg錠…1日1回、1錠を3日間服用
・1000mg錠…1錠を1回だけ服用

アジーは有効成分が長く体に留まり、1000mgであれば最大14日間ほど効果が持続します。
そのため最長で3日、最短1日の服用でクラミジア・淋病の症状に効果的です。

500mgを3日間服用する場合、有効成分の血中濃度を一定に保つためにも、同じ時間帯に服用することをおすすめします。

治療期間中はアルコールを避けよう

アジーの血中濃度は時間の経過と共に低下しますが、効果は7~14日間ほど続きます。
しかしその間に飲酒した場合、アルコールの血中濃度が高まり、有効成分の働きを邪魔してしまう恐れが…。
そうなると十分な効果が得られない可能性があります。

殺菌作用を確実に発揮させるためにも、アジーの服用から最低10日間は飲酒を控えるようにしましょう。

アジーの副作用・注意点

【アジーで起こりやすい副作用】
下痢、嘔吐、胃腸症状、発疹、蕁麻疹 など

アジーは副作用が起こりにくい抗生物質ですが、稀に上記のような症状が現れることがあります。

また、稀に重篤な症状としてアナフィラキシーショックがあります。
前兆である発熱や口腔内の水ぶくれなどがあれば、すぐに病院を受診しましょう。

【併用に注意が必要な医薬品】
以下の医薬品を服用中の方は、医師に相談した上でアジーを併用することをおすすめします。
制酸剤、ワルファリン、シクロスポリン、メシル酸ネルフィナビル、ジゴキシン
【アジーを飲んではいけない人】
以下に当てはまる方は、アジーの服用についてかかりつけの医師に確認しましょう。
・アジスロマイシンに対して過敏症の既往歴がある
・マクロライド系抗生物質でアレルギー症状が出たことがある
・肝機能障害がある
・心疾患がある
・妊娠中または授乳中である

アジスロマイシンは妊婦や子どもにも処方されるものですが、安全性の確保のためにも、一度病院で相談することをおすすめします。

服用後の検査で完治を確認しよう

アジー1000mgは1回飲めば最長14日間効きますが、まれに完治せず症状が長引くこともあります。
治療薬を服用したからといって再びセックスしてしまうと、残った菌がパートナーに感染してしまうため、完治の確認を行うことが大切です。

検査を行う場合、アジーを服用してから2~3週間後だと正しい結果が出ます。
アジーと一緒に性感染症の検査キットも購入しておくと便利です。

パートナーにも同様の検査・治療を

自分がクラミジアや淋病に感染している場合、肉体関係を持ったパートナーにも感染の可能性があります。
そのため検査や治療はパートナーと一緒に行う必要があるのです。

感染力が強いクラミジアはピンポン感染のリスクも高く、治療後に再感染するケースが少なくありません。
特定のパートナーが居る方は、可能な限り一緒の検査・治療を行いましょう。

アジーの口コミ・体験談

【シゲノさん(29歳)】
血尿が出た彼が病院に行ったらクラミジアでした。
私もおりものが増えたので確実にうつってると思いましたが、身近な病院は知り合いが働いてて行きづらくて、通販で薬を買いました。

1000mgを1箱買ったものの、飲んだのは1錠だけです。
2週間様子見していたらおりものは減りました。痒みとかもないです。
検査キットも一緒に買っていたので、後日使ってみましたが、ちゃんと陰性でした!
病院に行ったら1万円くらいかかったそうなので、安く済んでよかったと思います。

【ササハラさん(33歳)】
恥ずかしながら風俗通いが趣味で、何度か性病になったことがあります。
2回ほど病院で治療しましたが、なんせ高い。下手したら1回のプレイより治療費の方が高いです。(笑)

また同じ症状が出たのでクラミジアだと思い、海外通販を利用しました。
薬代としては病院とあまり変わらないかな?ちょっと安いくらい。
でも検査費用とか診察代がかからない分結構お得だと思います。

前に処方されたジスロマックと同じ成分とのことで、迷わずアジーを購入。
飲み方も特に変わらず。しっかり効きました。

風俗に通う以上、性病対策はしっかりしたいと思います。
まだストックがありますが、まずは性病にならないよう気をつけます。(笑)

【アユカワさん(23歳)】
過去に咽頭炎になり、病院でジスロマックを処方してもらったことがあります。
クラミジアの症状が出て、調べてみたらジスロマックが効くようだったので、通販で買えないかと思っていたところアジーを見つけました。

ただインド製?の薬が安全なのかは少し心配でした。
副作用も出ませんでしたし、症状もなくなりましたが、ちゃんと治ったのかわかりません。
検査キットもあるようなので3日前に注文しました。
付き合っている人にはバレたくなかったので、ネットで買える薬はありがたいです。

通販で買えるアジーでクラミジアを治そう!

1000mg 1箱(6錠入) 1000mg 1錠あたり
お悩み宅急便 3,890円 457円
あんしん通販
薬の通販オンライン
お薬なび 3,900円 460円
ベストケンコー
お薬ラボ 3,900円 460円
グー薬局 3,900円 460円
ココロ薬局
ライフパートナー 3,900円 460円

アジーはどの通販サイトでも同じくらいの金額です。
まとめ買いによる割引額は通販サイトによって違いますが、基本的に1箱4,000円程度が相場。

性感染症は早期治療が肝心なので、感染がわかった時点ですぐ治療できる備えが必要です。
特に不特定多数の人と関係を持っている、または風俗店で働いているという方は、念の為に治療薬を買っておくといいでしょう。