アボダートの通販【1錠120円~】

  • 2020年3月25日
  • AGA
AGA アボダート

アボダートは、先発薬でありながら安く購入できるとして、病院処方から通販購入に切り替える人に多く選ばれています。
病院で取り扱われている商品という信頼性にプラスして、1錠120円~というお手頃な価格で購入できます。

アボダートは、海外通販の専門サイト・お悩み宅急便で買えます。

お悩み宅急便なら、アボダート90錠入り10,790円(送料0円)。
1錠あたり120円でAGAの改善が期待できます!
>>アボダートはココから注文!<<

アボダートの通販価格

アボダートの通販価格(お悩み宅急便)はこちら。

アボダート0.5mg
1箱(30錠) 4,490円
(1錠あたり150円)
2箱(60錠) 8,090円
(1錠あたり135円)
3箱(90錠) 10,790円
(1錠あたり120円)

病院で処方される日本版アボダート・ザガーロは、1錠300円前後が相場。
通販でアボダートの購入を選ぶと、1錠あたり半額以下の価格で購入でき、財布事情を気にせずAGA治療に励めます。

アボダートは韓国で認められたAGA治療薬

フィナステリドの1.6倍の効果が期待できる
アボダートの成分は日本や韓国でAGA治療に使用されている

アボダートは、世界的に有名な製薬会社・GSKファーマ(グラクソ・スミスクライン)社から発売されています。
GSKファーマはアボダートと同じ成分を使用した、アボルブやザガーロも開発。
アボルブとザガーロは日本でのみ発売されており、アボルブは前立腺肥大症、ザガーロはAGAの治療薬となっています。
アボダートはイギリスやアメリカ、韓国などで前立腺治療薬として販売されていますが、韓国ではAGAの治療薬としても認可がおり、販売されています。

アボダートの効果

【有効成分】デュタステリド
・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぎ、ヘアサイクルの乱れを整える

髪は、ヘアサイクルに沿って成長し、抜け落ちていきます。
ヘアサイクルとは、「髪が生える→成長する→成長が止まる→頭皮から抜け落ちる」といった流れのこと。
髪が抜け落ちあとは、また新しい髪が生えてきます。

AGAは、このヘアサイクルが乱れ、十分な成長期間を経ないまま髪が抜け落ち、新しい髪が生えてくるまでに時間がかかってしまうことで起こります。
ヘアサイクルの乱れは男性ホルモン・DHTによって引き起こされますが、アボダートを服用するとDHTの生成を防ぎ、ヘアサイクルの乱れをもとに戻すのです。

ヘアサイクルがもとに戻ると、髪は十分に成長期間を過ごせるため、コシやハリのある髪へと成長でき、抜け落ちた後もスムーズに新しい髪が生えてきます。

フィンペシアよりも効果的なアボダート

AGA治療でよく使用されるフィンペシアですが、じつはそんなフィンペシアより効果的な商品がアボダートなんです。

GSKファーマでは商品の開発の際、アボダートの有効成分・デュタステリドと、フィンペシアの有効成分・フィナステリドの効果を比較する実験をおこなっています。
その実験では、デュタステリドはフィナステリドの1.6倍の効果が得られるという結果がでました。

また、AGAの原因となるDHTの生成は、酵素・5αリダクターゼと男性ホルモン・テストステロンが結合して起こります。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドはⅡ型のみに作用し、Ⅱ型の多い前頭部や頭頂部のAGAしか改善できません。
しかしデュタステリドはⅠ型Ⅱ型両方に作用するため、前頭部や頭頂部はもちろんのこと、Ⅰ型の多い側頭部や後頭部のAGAも改善できるのです。

アボダートの服用方法

【服用方法】
・1日1錠を水またはぬるま湯で服用する
・毎日同じ時間に服用する

アボダートは1日1錠と決められています。
2錠以上服用してしまうと、作用が強くなり比例して副作用も強く出てしまいます。
場合によっては副作用のみ強く感じてしまい、効果が得られないといった状況になることも否定できません。

アボダートの作用時間は24時間であり、毎日同じ時間に服用することで安定した効果が得られます。
食事の影響は受けないため、自分の都合に合った時間に服用するようにしましょう。

絶対厳守!アボダートのカプセルは開けない

デュタステリドの服用推奨量は0.1mgですが、アボダートが含有しているデュタステリドの量は0.5mg。
0.1mgを服用したいからといってカプセルを開けてはいけません。

デュタステリドは、女性や子どもにとっては危険な成分。
女性が摂取してしまうと副作用の症状が強く出てしまう恐れがあり、子どもが摂取してしまうと性器の形成がうまくいかなくなってしまいます。

摂取は経口吸収だけではなく、肌に触れても吸収する経皮吸収でも体内に入ります。
カプセルを開けると、デュタステリドを女性や子どもが摂取する可能性が高くなるため、けっして開けないようにしてください。

デュタステリドの摂取は0.5mgまで可能であるため、アボダートはそのまま服用しましょう。

アボダートの副作用・服用時の注意点

【アボダートの起こりやすい副作用】
ED、性欲減退、腹部不快感、頭痛、抑うつ気分など

アボダートはホルモンに関する作用を持っているため、EDや性欲減退などといった副作用がみられます。
ED治療薬とアボダートは併用可能であるため、同時に治療可能。
そのほかの副作用も、症状に合った市販薬などで対処できます。

【アボダートを服用できない人】
以下に該当する人は、アボダートを服用できません。
デュタステリドに対して過敏症の既往歴がある、女性、子ども、重度の肝障害がある【併用に注意が必要な薬】
アボダートと併用してはいけない薬はありません。
しかし、アボダートとの併用する時気をつけなければならない薬はあります。
・CYP3A4阻害作用のある薬(リトナビルなど)

これにあてはまる薬と併用してしまうと、アボダートの代謝がうまくおこなわれず、体内のアボダートの量が増えてしまい、副作用が強く出てしまう恐れがあります。
併用するときは、かならず医師の指導のもとおこないましょう。

献血は断薬して6カ月を過ぎてから

献血をするとき、アボダートを服用している人は注意が必要です。

服用したアボダートは全身をめぐるため、血液中にも含まれます。
その状態で献血をすると、採取した血液はアボダート入りの血液となります。
アボダートは女性や子どもの摂取はNGであるため、その血液が女性や子どもに輸血されてしまうと危険です。

どうしても献血をおこないたい時は、アボダートの服用をやめて6カ月以上経過してからにしましょう。

アボダートの口コミ・体験談

【サカタさん(25歳)】
僕にはとても合っています。
服用して半年過ぎたんですが、今では以前と比べものにならないほど髪が生えています。
まだ完ぺきとまでは言えないですが、効果はすごく実感できているので、この感じでいくと理想の毛量にはなるんじゃないかな?飲みはじめこそ抜け毛がひどくなってやめようと思ったこともありますが、調べると初期脱毛というものらしく、避けては通れないものらしかったのでひたすら我慢しました。
私の場合は2カ月ほどで初期脱毛はおさまり、4カ月目ごろから産毛のようなものがちらほら、って感じでした。
【ササキさん(32歳)】
アボダートとミノキシジルを服用しています。
はじめはミノキシジルだけだったんですが、アボダートとの併用が良いと聞き服用を始めました。ミノキシジルだけの時は服用前よりは髪が太くなり頭皮が見えづらくなったものの、毛量は変わらず。
しかしアボダートを飲み始めると、抜け毛が減り、なんだか毛量も増えたような気がします。
アボダートとミノキシジルを併用するといい、というのには納得しちゃいます。
【タバさん(46歳)】
プロペシアを服用していたのですが、なかなか効果があらわれず。
ネットでプロペシアでは効かないAGAがあることを知り、それに効くアボダートを購入してみました。服用し始めは本当に効くのか半信半疑でしたが、1年経つと毛量が増えました!
これには効果を信じざるを得ませんでした。
今までいろいろな育毛剤や薬を試してきましたが、ここまで効果がみられたのはアボダートだけでした。
私にはアボダートが合うと確信し、今ではまとめて購入しています。

通販サイトだとアボダートはいくらで買える?

0.5mg1箱(30錠入) 0.5mg1錠あたり
お悩み宅急便 4,490円 150円
あんしん通販 6,480円 216円

薬の通販オンライン 5,980円 199円
お薬なび 4,500円 150円
ベストケンコー 4,179円 139円
お薬ラボ 4,500円 150円
グー薬局 4,500円 150円
ココロ薬局 4,500円 150円
ライフパートナー 4,500円 150円

アボダートの価格は、それぞれの通販サイトによって定められています。
お悩み宅急便では、1箱(30錠)4,490円で購入可能。
3箱をまとめて購入すると10,790円、1箱あたり3,597円で購入でき、1錠あたりは120円となります。

アボダート通販でめざせ・脱AGA!

・病院処方のザガーロより安くアボダートを購入できる
・通販から購入できるため、空いた時間が使える
・誰にもバレずに治療ができる

アボダートを通販サイトから購入すると、誰にもバレずに、そして病院処方より安く購入できます。
そのため、余計なストレスを感じることなく、治療に専念できるため、効果を感じやすくなるのです。